人間はなぜ汗をかくのか?汗の大切な役割

なぜ汗をかくのか?汗の仕組みを知って正しい腋臭対策を

ワキガや多汗症の人は、なぜ汗をかくんだろうか?汗なんかかかなければこんなに悩むことはないのに・・・。

 

こんな風に考えたことがある人がきっといると思います。

 

かくいうわたしも汗やわきがに悩まされこんな風に考えていた、一人でした。

 

ただ、汗の果たしている重要な役割を知った時に、むやみやたらと汗を抑えようとしていた過去の自分は間違っていたんだということにも気づきました。

 

ここでは、汗の役割を知ることで、今後の無理のないワキガの対策に役立てていただければと思います。

 

汗は意味もなく体からでてくるわけではありません。

 

体にとって必要だからかいているのです。では汗はわたしたちの体にどのような影響を与えているのでしょうか?

 

汗をかくことでわたしたちは、体温調節をしています。

 

人間は36度が平均体温ですが、これを大幅に上回ると、うまく体で代謝が機能しなくなり生命の危機に陥ってしまいます。

 

そこで活躍するのが汗で、気化熱で体温をさげているのです。
汗をかくと肌が濡れますが、その汗が乾き蒸発するには熱が必要になります。

 

これを利用し、汗をかいて体の表面を濡らし、汗が乾く際に体の熱を利用し蒸発することで体温を下げる働きをするのです。

 

人間だけでなく動物はこのように汗をかくことで自分の体温をうまく調節しています。

 

犬は真夏の熱いときには、舌をだしながらぜぇ〜ぜぇ〜言いますよね。
これは濡れている舌を利用し唾液を気化させることで体温を下げているのです。

 

真夏に行う風物詩でもある打ち水も同じ原理です。

 

地面に水をまくことで地面の水が乾く際にコンクリとの熱を打って蒸発するため地面の温度が下がるのです。

 

このように、動物は汗をかくことでうまく体温を調節し熱さをしのいでいます。
それなのに、多汗症やわきがだからといって無理に汗を抑えてしまっては体に影響が出るのは明白です。

 

ワキガや多汗症を抑えたいからといって、汗をデオドラントやボトックス注射で無理に抑えてはいけない理由がおわかりいただけたでしょうか。

 

当サイトでは汗を抑えずに、人間本来の回復力を使ったワキガや多汗症を軽減する方法を提案しています。

 

今まで、何をやっても症状が良くならなかった人は参考にしてみてください。