男と女に見るワキガの発生率の違い

男と女のわきが発生率の違い

男と女ではわきがの発生率に違いがあります。

 

これは意外と知られていないことで、一般的にワキガというと男性に多いようなイメージがあるのではないでしょうか。

 

ただ、男性は女性よりも臭いに関して、自分でも気が付いていなかったり、わざわざ病院などでワキガを治そうと思わないことも関係しています。

 

ただ、身体的には、女性の方がワキガを発症しやすい理由は2つあります。

 

1つめは、まず男性と違って皮下脂肪が多いため。

 

皮下脂肪が多いとそれだけ脂肪を体に蓄え、皮脂を分泌しやすいのです。

 

2つ目が、男性よりもアポクリン汗腺が多いためです。

 

これら2つの理由で女性の方が男性よりもワキガになりやすいことがわかっています。

 

ただ、そうはいっても女性はわき毛をそっていたり永久脱毛でツルツルにしているなどケアをきちんとしている人が多いです。

 

一方、男性はワキ毛のケアはしていないし、電車などで不快な臭いを発しているのはたいてい男性のように感じます。

 

ワキ毛の有無はワキガの臭いを強くする原因にもなっていて、アポクリン腺からでた臭い汗が普通の汗とまじり臭いが広がったり、わき毛にからまり細菌が繁殖しより臭いを強くしてしまうのです。

 

これらの男女間の違いを把握したうえでわきが対策を行うっことが重要です。

 

女性はもちろん、男性でも制汗剤をこまめに利用し、脇汗をかいたらなるべくふき取るように心掛けましょう。

 

これだけでもずいぶんと臭いを軽減できるはずです。

 

それでも改善しない重度のワキガは下記の方法を試してみてください。