冬場の方がワキガが臭いやすい理由

あなたも臭う!?冬にこそワキガの臭いに注意!

ワキガが気になる方は、夏のワキガ対策を特に注意して行っていると思います。
確かに夏は何をしているわけでもなく噴き出てくるので、制汗スプレーなどでこまめに対策をとりますよね?

 

そんな夏には対策をしっかりと行っている方も、どうしても油断しがちになってしまう冬場。

 

ワキガの人も多汗症の人も夏場と違い汗の量が減るため臭い対策をサボリがちになってしまいます。

 

実は、暑い夏だからといって対策をしっかりとし、冬場は寒く汗が出ないから臭い対策をしないというのは間違いなのです。

 

「は?どう考えたって夏の方が体臭きついだろ」
そう思うかもしれませんがこれは事実です。

 

実は重ね着を多くする冬場は服の中が蒸れ、汗をかきやすい状態になり、臭いが発生しやすくなっているんです。

 

あせっかきの方はおわかりでしょうが夏場でも冬でも、多汗症の人の靴やブーツの中はものすごく蒸れています。
まさにこの状態が衣服のなかでも起こっているのです。

 

さらに良くないことに、寒さを防ぐために何枚も重ね着をしています。
これがかえって服の中の汗や蒸れを閉じ込め更なる悪循環に陥ってしまうのです。

 

多汗症やワキガでもある私自身、冬場汗をかいて服の中が蒸れている時にちょっとしたことで服の中から強めの体臭が出てくることが自分でもわかるときがあります。

 

これは怖いことですよね?

 

今気づいていない人は、知らず知らずの内に臭いを発している可能性があるということです。

 

多汗症の人、ワキガの人ともに避けたいのはやはり汗です。

 

なぜなら汗により細菌が繁殖し不快な臭いの原因となるからです。

 

なので夏以上に、汗に注意しこまめに制汗スプレーや汗を拭きとることが重要になります。

 

冬場は汗をかかないからといって油断すると他人に不快な臭いを嗅がせてしまうことになりかねません。
暖房が効いている室内に入った時などは、極力ジャケットを脱ぐなどし衣服の中の蒸れや汗を防ぐようにしましょう。

 

ワキガや多汗症の方は、夏と同じように冬も汗や臭いに気を付ける必要があるので注意しましょう。

 

そこで冬場にこそ実践したいワキガの改善方法があります。

 

自宅で毎日の生活に取り入れられる簡単な方法です。

 

私自身、かなり効果があったので是非オススメです。