エクリン汗腺とアポクリン汗腺の役割

エクリン汗腺とアポクリン汗腺の違い

人間の汗にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があるのをご存じでしょうか。

 

これら2つの汗は働きがどちらも違います。
ここではこれら2種類の汗腺のそれぞれの役割について紹介していきます。

 

まずはエクリン汗腺。

 

このエクリン汗腺は運動している時や体温が上がってしまったときに、体温を下げるために汗をだします。

 

そのため、全身に分布しています。

 

エクリン汗腺から出る汗は、水分と塩分のみで構成されていて、99%が水分なのです。

 

なので臭いはほぼ無臭なのですが、大量にかいた汗を放置するとたしかに汗臭くはなってしまいますが、ワキガの不快な臭いとは完全に別なので、お風呂に入れば臭いはすぐになくなります。

 

 

次にアポクリン汗腺。

 

アポクリン汗腺は全身に分布するエクリン汗腺と違い、耳の中、乳首、脇、おへその周りや陰部といった特定の場所に分布しています。
緊張したり、性的興奮や強いストレスを受けた時に汗がでます。

 

アポクリン汗腺は、水分だけでなく脂肪やタンパク質が含まれているためエクリン汗腺の汗よりもネバっとしていて臭いも強いです。

 

よくワキガの臭いでたとえられるのが、ネギや鉛筆の芯などと言われますがこのような独特の不快な臭いを発します。

 

この2つの汗の量は体が症状に合わせて勝手にコントロールしているため自分では調節できません。

 

なのでよく汗の量を減らしたいからといって水分を摂取するのを控えているなどと見かけますがこれは大きな間違いで、そんなことをしても汗の量は変わらないのです。
しかも、かえって脱水症状などを引き起こしたりしてとても危険なので決して行わないでください。

 

ワキガの臭いを完全になくすには手術でアポクリン汗腺を取る方法が手っ取り早いが、スソワキガや再発(人間の自己治癒力はものすごいため)が高確率であるためオススメはできません。

 

そこでメスを使わずにワキガを改善する方法をオススメしています。

 

これならせっかく手術をしたのに再発してしまった・・・などということがありません。
詳しくは下のページを見てみてください。