タバコ,わきが,原因

タバコを吸うとわきがの臭いが強くなる?!

わきがが気になる人はいろんな噂や情報などが耳に入りその情報の真偽が気になっている人も多いと思います。

 

そんなよくある情報の中にタバコを吸うことはわきがの原因になるというのをよく聞きますがほんとうにわきがの原因になるのか。

 

 

結論からいうとタバコを吸うことはわきがに影響します。

 

 

わきがに悪影響を与える原因はニコチンにあります。

 

 

ニコチンには神経が一体化した中枢神経を刺激し活発にさせる働きがあります。

 

中枢神経には感情や行動を司る調節中枢があります。

 

ニコチンはその調節中枢にある体温を調節する大事な部分まで刺激してしまうのです。

 

この体温調節の神経に刺激を与えることで汗をだす汗腺であるエクリン腺が汗を排出します。

 

 

エクリン腺が汗を排出するということはアポクリン腺から汗を排出していなくても細菌が分解する汗の量が多くなるのでわきの臭いがきつくなってしまうのです。

 

そしてタバコを吸うことによって交感神経の働きも活発にしてしまいます。

 

 

ですので交感神経が活発になることによって交感神経の一部でもあるアポクリン腺は汗を排出してしまうのでこれが原因で臭いを強くするとも言われています。

 

 

タバコを吸うと必ずしもわきがの臭いが強くなるということではないですが神経を刺激し、汗を出させるという点ではタバコも要因となる一つです。

 

 

わきの臭いが原因で汗に極度の神経質になっている場合、極力意味のない汗はかかないほうがいいと思います。

 

 

日々の生活からわきがを改善していくといいですね。

 

 

 

 

当サイトで人気の記事