多汗症はこんなにあった!多汗症の症状の種類

多汗症の症状一覧

みなさんのなかには多汗症と汗っかきを混同している人もいるかと思いますが、多汗症と汗っかきは別物です。

 

汗っかきは、暑さのせいで上がった体温を下げるために大量の汗をかきますが、多汗症は自律神経や心因性によることがほとんどなのです。

 

この多汗症には各部位によって症状が多くあるので一つずつ見ていきたいと思います。

 

 

全身性多汗症

 

全身性多汗症は見てわかる通り、背中や胸、足、腕、頭と全身から汗が出てきます。

 

視床下部の異常やその他の病気により併発することもあります。

 

 

手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)

 

手や足などの特定の部分のみに汗をかきやすい体質は局所性多汗症といいますが、この手掌多汗症は掌に異常なほど汗をかいてしまいます。

 

原因としては、精神的なものによるものが多いと言われています。

 

 

足蹠多汗症

 

こちらも精神的な原因からくることが多く、足蹠多汗症が厄介なのが靴屋靴下のなかで汗を大量にかいてしまうため臭いの原因にもなるということです。
靴の中は空気が少なくただでさえ細菌が繁殖しやすいのに、そこに大量の汗をかくことで悪臭を放ちます。

 

 

味覚性多汗症

 

通常、誰でもそうなのですがとうがらしなどの辛い物を食べると発汗します。

 

しかし味覚性多汗症の場合、それだけにとどまりません。
辛い物い意外でも食事をするだけで大量に発汗してしまうのです。

 

こちらは、脇や背中、足、顔や頭などいろんなところでの発汗が報告されています。

 

 

 

これらの多汗症は、病院にいっても改善しない場合、最終的には手術を行うことになるでしょう。

 

ただ手術では根本的な解決になりません。

 

なぜか?

 

それは恐ろしい、再発や副作用が出てくるからです。

 

多汗症を治すために手術を決意したのに再発や後遺症に悩むのは本末転倒ですよね?

 

本当に多汗症を根本から解決するには、下記の方法をお試しください。

 

再発や副作用に怯えることなく多汗症を改善することができます。

 

 

>>メスを使わずに多汗症を改善するにはコチラ