お酒とわきがとの関係

お酒を飲むとわきがになるって本当?!

お酒を飲むことはわきがの症状を悪化させる原因になります。その理由はお酒に含まれるアルコール。

 

アルコールが体内にはいると血中のアルコール濃度が高くなり血のめぐりが激しくなります。

 

 

血のめぐりがよくなるということは体温もあがり汗をかきやすくなってしまうのです。

 

さらに体温が上がるとアポクリン腺やエクリン腺が刺激され汗を排出します。

 

もちろん汗を多くかくとそれだけ細菌が汗を分解したときの臭いが強くなるのでわきが臭がきつくなってしまうのです。

 

 

アルコールは汗の量を一気に増加させてしまいます。

 

そしてこのような汗のかきかたは通常の運動などでかく汗とは違い臭いも強い汗となります。

 

 

さらに汗をかかせるだけでなくアルコール自体も強い臭いを発します。

 

ワキガでない人でも二日酔いの時はすぐわかるほど不快な臭いがしますよね。

 

お酒が体内で分解されると酢酸などの不快なにおいを発する物質に変化します。

 

 

わきがの臭いとこのアルコール特有の臭いが混ざるととても不快な臭いを発することになってしまいます。

 

 

わきがに悩んでいるのであれば原因となるものは極力控えたほうがいいですね。

 

 

過度な飲酒は臭いを強くしますが過度な飲酒でなければお酒にはストレスを解消するなどの良い面もありますのでストレスをなくすことはわきがの改善にもつながります。

 

適度な飲酒をこころがけましょう。

 

 

 

当サイトで人気の記事