!わきが手術の恐ろしいデメリット

手術を受けた人、ほとんどが悩まされるワキガ手術のデメリットとは?!

今このページを見ている人はワキガの手術をこれから受けようか迷っている、あるいはワキガの手術がどんなものなのか、安全なのかについて知りたいと思ってると思います。

 

ただ、ここで解説したワキガ手術のデメリットを読めば以前のわたしのようにきっとワキガ手術を受けようなんて考えは吹き飛ぶと思います。

 

ワキガ手術のデメリットを知ってからというものわたし自身、なんとかリスクを減らしながら自分で臭いを抑える方法はないものかと探し回り、今の対策方法に出会ったわけです。

 

ハッキリ言って、ワキガの臭いは手術をしなくてもある程度抑えられるようになります。
具体的な臭いの抑え方は他のページで紹介するとして、ここではワキガ手術のデメリットについて徹底的にお話ししたいと思います。

 

ワキガ手術のデメリット

ワキガ手術のデメリットには以下の5つがあります。

 

1、代償性発汗

 

2、スソワキガ

 

3、手術の傷跡が残る

 

4、臭いの再発

 

5、手術費用が高額

 

それでは、デメリットについて一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

 

1、代償性発汗

ワキガの手術では機械での施術や医師の手作業による施術に関わらず、脇にあるアポクリン汗腺(ワキガの原因となる汗を出す汗腺)とエクリン汗腺(臭いのしない汗)を取り除くことになります。
そうなると、以前まで脇から出ていた汗が出る場所を失うため、他の部位から脇の部分の汗が噴き出ることになるんです。

 

これが代償性発汗という副作用。

 

多くの手術患者が一番悩む副作用がこれで、ひどい人だと太ももの裏や頭からの汗が多くなり、ズボンが目に見えて濡れてしまうほどの汗をかいてしまう人もいるようです。

 

 

2、スソワキガ

 

上にも書きましたが、脇のアポクリン汗腺(臭いの原因となる汗がでるところ)をとってしまうと本来ワキから出るはずの臭い汗が別のアポクリン汗腺から出てしまうことになります。

 

アポクリン汗腺があるのは、耳の裏と穴、おへそ、足、乳首、陰部なので、これらの部分が手術前よりも確実に臭いやすくなるわけです。
当たり前ですが、脇の臭いがなくなった分、以前よりも別の部分の臭いが強くなったと感じる人がほとんどなんです。

 

特に手術経験者に聞くと決まって陰部の臭いが強くなったと口を揃えて言います。

 

わきがの手術というとどうしても臭いの再発や傷跡が目立つかどうかなどの外的な部分に目がいってしまいがちですが、実は本当のリスクは手術をする前よりも体が放つ臭いが強くなってしまうということなんです!

 

 

3、手術の傷跡が残る

ワキガの手術は、最近では傷口が目立たないなどといった最新の術式も増えているようですが、機械や人間の目に頼らない分それだけアポクリン汗腺(臭い汗が出る部分)の除去の正確性が失われることも確かです。

 

その点、剪除法(せんじょ法)と言われる医師がメスを入れ、目視によって汗腺を取り除いていく手術は効果が確実だと言われています。

 

ただ、この剪除法(せんじょ法)に限って言えば、術後の傷跡が多きなることもかなりのデメリットになります。

 

もちろん、脇のしわにそって極力目立たないようにメスをいれるものの、器具を入れて汗腺を切り取っていくわけですからやはり4〜5センチは開かないとしっかりと取り除くことができないんです。

 

自分の指や爪はだいたい1センチ程度ですので、指4本程度と考えるとかなり大きな傷口だということがわかりますよね。
せっかく臭いがとれても、夏場にノースリーブなどの脇が見えるような服は着るのに抵抗が出てきてしまいます。

 

 

4、臭いの再発

剪除法は目視により手術を行うので比較的アポクリン腺を残すことなく取り切れると言われています。
ですが、当然ながら医師の腕によるところが大きく、未熟な医師に当たると取り残してしまうことも多いようです。

 

そうなると、脇に残っているアポクリン腺から臭いが再発なんてこともありうるわけです。

 

ワキガ手術を経験している人がわりと複数回にわたって手術を受けているのもこれが原因なんです。

 

 

5、手術費用が高額

 

ワキガ手術は、病院や美容外科にもよりますが平均で20万から40万円程度でできます。

 

かなり高いですよね…。

 

保険が効けば、5万円程度からできますが、なにしろワキガの手術は命にかかわる病気ではないため、保険が効きにくいようです。

 

判断は医者次第。
なので保険適用で手術できない可能性があることを頭に入れておく必要があります。

 

 

 

上に挙げたように

 

1、代償性発汗

 

2、スソワキガ

 

3、手術の傷跡が残る

 

4、臭いの再発

 

5、手術費用が高額

 

これだけのデメリット(副作用)がありながら、手術を受けるのははっきり言っておすすめできません!!
管理人的にはワキガの臭いを作り出す生活習慣を徹底的に変えながら、強力なデオドラント剤で臭いを抑えていく方法が一番ベストだと思っています。

 

現に管理人自身、以前とは比べ物にならないくらい臭いを抑えることができてるからです。

 

 

 

 

 

<<わきが手術をすればわきがが治る?! | トップページ | わきがを自分で短期間で治す方法>>